安い&安い!コーヒーが好評♪ドリッパーフィルター 購入でポイント獲得ならAmazonより「楽天」!マイクロコーヒードリッパー

それに合わせてコーヒードリッパー2個購入しました。会社で使う為!購入。それでもトータルでみれば買って良かった商品です。

下記の商品です♪

2017年02月10日 ランキング上位商品↑

コーヒー ドリッパー フィルター マイクロコーヒードリッパーコーヒー ドリッパー フィルター不要 / マイクロコーヒードリッパー MCD 【P10】/10P03Dec16

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

この価格ですし!試す価値は十分ありますよ。単品で使用するにはちょっと微妙な商品になってしまいました。セットでの購入が便利さを感じると思います。。よく考えたなーと思います。ただし、普通はペーパータイプでもドリッパーを毎回洗うのは基本中の基本ですから、そう考えると手間は変わらないのです。しまうときにも別売りのマグの中に全部入ってしまうところもいいです。かなりコーヒー豆を粗くひかないとダメです。コーヒーの量の調整に苦労してますがそれも楽しいです。キャンプに行かないときは普通に自宅で使ってます。ただ捨てる時のコンコンだけが手間です。小さくて持ち歩けるのがいいと思って購入しましたが!実際使ってみると!それよりも!ペーパーフィルターがいらないこと!お湯が沢山入らないので!いやでも少しずつお湯を入れることになり!自動的に美味しくコーヒーを淹れられるのがいいです。一つだけペイしなければいけないのが時間が少しかかります。ポイっと捨てられるペーパーと!コンコンっと捨ててから洗う必要があるこのタイプでは!手間がほんのちょっと掛かります。粉は深煎り使用しています。マグカップと同時購入です。戸外で使用の時も!入れた後は!ドリッパーがカップの中の納まりま!持ち帰ることができます。濾過速度が遅めで、濃い目のものができます(カップのそこに粉が残るようなこともありませんでした)。少し多いと湯を注いだ時にコーヒー豆ががふわっと膨らんできた時にあふれてしまうので。沢山淹れるのには向かないと思いますが!一人用ならこれが最高です。友達も気に入ってくれていますので良かったです。いいものを作ってくれましたね。目が粗いのか、全然ダメです。濃い目が好きな方は!豆を買い換えるよりドリッパーをこれにしたら全然違うはずです。会社で使用するのには大変便利です。面倒ですね。私には向いているみたい!会社で使っています。洗うのも楽で!大変気に入りました。ようは「ものぐさな方には向かない」ということただそれだけが利用する上での違いです。ペーパーのアメリカンな薄さには戻れなくなります。薄くもなくおいしく入ります。コーヒー豆の分量が難しいです。また氷を入れてアイスコーヒーにするベースにしてもいいです。まあ、紙フィルター使わないので仕方ないかな?ペーパーは無駄に感じてるだけでしたら、ちょっと待って下さい。キャンプ仲間にも欲しがられました。コーヒーが薄いとか、粉が落ちるとか、入れるのに時間がかかるとかコメントがありましたが、うちのはそんなことありませんでした。粉は豆からハンドミルで一番細かくして使ってます。へばりつきません。現在は自分用に1セット使用中です。ペーパーフイルターも使わず!助かります。でも粉離れはいいですよ。友達の分と2個、購入しました。エスプレッソが淹れられなきゃダメとか!深い焙煎のものじゃなきゃ嫌だとか!いろいろ考えがあるようで!こだわりのない私は口出ししません。:さてここからが本題。今は1セットのみ使用ですが、アウトドア時に便利と思いもう1個セットにて購入しました。メーカーさん。ただ!フィルターがコーヒーの落とし終わりに近づくにつれ目詰まりするようで!ペーパーと比べ少し時間が掛かります。別の紙のフィルター併用するしかないかな。いやほんと。1度に作れる分量は少なめになるので!たっぷり飲みたい時には向きません。でもその時間を忘れるほどにおいしいコーヒーが飲めます。が、朝食の時や甘いものをいただいた時に飲みたくなっても、面倒くさがって淹れてもらえないので、自分で好きなときに淹れるためにこちらをびました。簡単に言えば大手のコーヒースタンドと同じものが目の前で作れます。コーヒーメーカーと違って1杯分を確実に作れるし!豆とお湯だけの準備でいいし!丸洗いできるし!マグ1個分のスペースで収まるし!といいことだらけです。ブラックをキャンプ用に買いました。お湯は、回すように入れます。便利ですが、少しコーヒーの粉が毎回入ります。粉を細かくするとか!お湯をゆっくり落とすように工夫が必要かと思います。ただ、ペーパーフィルターでないので、お湯がすぐ落ちてしまい、ちょっとアメリカンな感じになってしまいます。:コーヒーマグカップふた付きのブルーとブラックを購入。夫の方がコーヒーへのこだわりが強いので!機械や道具!豆もすべて夫任せにしています。